バイク買取の前の修理はするべきか?

バイク買取をするとなれば、誰もが思うのが十円でも百円でも高く買取をしてもらいたい!と言うことだと思いますが、高くバイク買取をしたいと思えば、気になるのが自分のバイクの状態だと思います。

ちょっと傷が付いているなと自覚していることがあると、修理した方がいいのかな?と考えてしまいますよね。

実際バイク買取をする時には修理は必要なのでしょうか?バイク買取の際に傷があれば、それはマイナス評価の要因となるので、直しておいた方が印象がよいかなと思うでしょうが、実際、車体の傷は修理する必要はないと言われています。

直して高く買取してもらいたいと思う気持ちはわかりますが、結論から言えば、修理代と差し引かれるマイナス額を比較すると、修理代の方が大きいことが多いのだそうです。

これは、普通の人が修理業者に持ち込んで修理するよりも、バイク買取店では提携している修理工場や自社にて修理できる様になっているので、修理代が安く済むのです。

よって、査定時のマイナスがそれほど大きな影響を及ぼさないといえます。

と言うことはつまり、きれいにして出しても、最終的に手元に残るお金は少なくなってしまうということです。

◆大事なのは日頃のメンテナンスです⇒初心者に捧げる【バイクのスプロケ交換&セッティング】講座 – NAVER まとめ

ただし、すべてのケースにおいて修理をしない方が良いというわけではありません。

傷が深い様な場合は、そのままにしておくと錆びてしまいます。

錆が浸食しない様に錆止めをしておくなどの簡単な修理はしておいた方がよいでしょう。

また、自分でできる程度の簡単な傷の場合は修理しておくと良いでしょう。

1月
1

Comments are closed.